top of page
  • 執筆者の写真田中亜弥

摂食障害の克服に向けて

こんにちは😊


Aya81パーソナルトレーニングスタジオのオーナー兼トレーナーの田中亜弥です。


結婚3年目になりますが、先日ウェディングフォトの撮影をしてきました。



相変わらず腕はたくましいですが(笑)、この撮影のために、半年で体重5kg、体脂肪率も5%落としました。



20歳で摂食障害になってから16年。



こんなにしっかり食べながら体を絞れたのは人生で初めてです。



ここまで来るのは本当に長い道のりでした…



私の場合、体型のコンプレックスから食べないダイエットを始めて拒食症になり、その後反動で過食症になりました。



20代の頃はずっと食べることを上手くコントロール出来なくて、食べすぎたり食べなかったりを繰り返し、体もメンタルもボロボロでした。



でも、30代に入り、筋トレやパワーリフティングという競技を本格的にやるようになり、食べることで強くなれると思えたことで、食への罪悪感や恐怖が消えていきました。



むしろ、52kg級という階級でいるために、体重を落とさないようにと、意識的に食べるようになれたことで、摂食障害は改善されていきました。



パワーリフティングを始めて5年目で日本一になり、摂食障害も落ち着いて食べることへの抵抗が減ってきたタイミングで、次はトレーナーとしても個人としても減量にチャレンジしたいと思い始め、「今やるしかない!」と思い、一歩を踏み出すことにしました。



長年食事に振り回されてきたことから、もし減量を始めたらまた拒食症になったり、反動で過食症になってしまわないかという恐怖がずっとありましたが、夫も全面的に協力してくれ、環境やタイミングが整ったことで大きなトラブルもなく成功させることができました。




トレーナーとしての正しい食事や体づくりの知識が揃ったからこそ、"ダイエットは辛い、苦しい"というイメージを払拭しながら、ただ体重を落とすのではなく、健康的に筋肉を出来るだけ残しながら身体を絞るということができました。




自分の体型や体質の長所や短所を受け入れて、自分の性格も客観視できるようになったことも、心や体を壊さず自分のベストの減量が出来た理由の一つです。




このように自分を客観視できるようになったのは、お客様から日々学ばせてもらっているおかげです。




今回の減量を成功させたことで、本当の意味での摂食障害やコンプレックスの克服が出来たと思っています。




今、私が教えているお客様の中にも摂食障害で苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。




まだお会い出来てない方でも沢山いらっしゃると思います。




20代の頃は私も一生まともに食事がとれないのでないかと思ってましたが、摂食障害は克服することが出来ます。




変わることは簡単ではありませんが、克服できる未来や希望があることをこれからも伝えていきたいと思っていますし、トレーナーとしてお力になっていきたいと思っています。




ぜひご相談いただければ幸いです🙏




私個人としては、今度はこの体重を維持するという新しいチャレンジが始まりますが、もっと自分を好きになれるように楽しみながらやっていきたいと思います。




一緒に楽しんで体づくりをしていきましょう👍




Aya81 Personal Training Studio

田中亜弥





bottom of page